多くのメリットがあるネットのFX取引

多くのメリットがあるネットのFX取引

くりっく365は外国為替証拠金取引において取引所取引の愛称のことです。
外国為替証拠金取引には取引所取引と店頭取引の二種類があります。


くりっく365は店頭取引と比較すると利用者には多くのメリットがあります。まずくりっく365では、マーケットメイカー制を取っており、有力金融事業者が提示する最も有利な価格で取引が行われます。

またくりっく365の参入企業は、参入において厳しい基準をクリアする必要があり、法律的に安全性が保障されているため安心して取引を行うことが出来ます。

また、くりっく365では売り買いともにスプレッドが同一であり、金融業者が中間マージンを取ることができないため利用者の利益がその分だけ守られます。くりっく365のその他のメリットとしては利用者に対する税制優遇があげられます。


まずくりっく365で得た所得は申告分離課税により一律20%の税率となります。店頭取引で得た所得は雑所得とみなされ、総合課税により累進税率が課されます。
外国為替証拠金取引で大きな所得を得た場合や、サラリーマンとして主な所得があり、取引により追加で所得を得た場合等ではくりっく365に大きなメリットがあります。

またくりっく365では損失の3年間繰り延べ控除が可能です。


すなわち当年度発生した損失を向こう3年間損失額を上限として利益と相殺ができ、発生した利益分の税金を節約することができます。またくりっく365で発生した利益や損失は日経225等の証券先物や商品先物等と損益通算が可能です。

店頭取引ではこのような他の金融商品との損益通算ができないため、くりっく365では節税の範囲が広がり、メリットがあると言えます。
またくりっく365では利用者は証拠金の預託を取引所に行うため、くりっく365での取引を行う企業が破綻したとしても、預託した資金は全額手元に戻ります。



店頭取引では証拠金を取引企業もしくは取引企業が指定する金融機関に預託するため、一般的にはくりっく365の方が安全性は高いと言えます。